トップ  »  注目記事  »  1000万人署名を衆議院議長へ提出―報告集会を開催

1000万人署名を衆議院議長へ提出―報告集会を開催

2012年06月12日

 昨年6月にスタートした「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」(さようなら原発1000万人署名)は現在まで、約750万筆が集められました。6月12日、その一部を横路孝弘衆議院議長に提出し、報告集会が衆議院第一議員会館・大会議室で開催され、約200人の市民と、衆参あわせて47人の賛同議員が参加しました。

 横路衆議院議長に180万筆分の署名を提出し、議長室には呼びかけ人から落合恵子さん、鎌田慧さん、澤地久枝さんらが訪れました。その後、輿石東民主党幹事長にも陳情を行い、記者会見を経て報告集会を開催しました。
 報告集会では菅直人前首相が、「脱原発を目指す」と挨拶。参加者から拍手が起こりました。

 署名は、1000万筆達成まで継続されます。(別の機会に提出します)。

 

P1010122002.jpg

 

P1010232001.jpg

DSC_0287.JPG

このページの先頭へ