トップ  »  注目記事  »  声明/大飯原発3・4号機の再稼働決定に対する抗議声明

声明/大飯原発3・4号機の再稼働決定に対する抗議声明

2012年06月17日

2012年6月17日

大飯原発3・4号機の再稼働決定に対する抗議声明

 6月16日、野田佳彦首相は、自らの責任として大飯原発3・4号機の再稼働を決定した。原水爆禁止日本国民会議(以下原水禁)は、経済的効率のみを追求した拙速な判断として、強く抗議する。

 首相は、安全対策の実行、ストレステスト、安全性向上に向けた事業者の姿勢の三つの基準が満たされたとして、そのことを以て安全性が確認されたとしている。しかし、防波堤や重要免震棟の工事なども先送り、ストレステストの2次評価の未実施など安全対策は不完全である。関西電力は、研究者による大飯原発敷地内の破砕帯に関する新知見を無視している。事故以前の東京電力と同じ姿勢で、安全性向上をめざしているとは言えない。何を見ても基準が満たされているとは言えない。

 福島原発事故の原因解明も途中である。原子力規制庁が発足せず、大飯原発事故を想定したSPEEDIのデータも発表されていない。事故が起きれば今度は即座にSPEEDIのデータを公表するのか、その時UPZ圏内の住民の避難誘導はどのように行うのか。何も決まっていない。多くの不備が指摘されたシビアアクシデントへの対応マニュアルはどのように変更されたのか。そして、そもそも「脱原発依存」で行くのかどうか。全てが不完全のまま、関西電力の言いなりに再稼働を容認する政府の姿勢は、責任ある立場の判断とは言えない。

 「核と人類は共存できない」として、原発に反対し続けてきた原水禁は、拙速な再稼働に強く抗議するとともに、「さようなら原発1000万署名」に賛同している750万人の人々ともに、脱原発社会実現のために全力を挙げて取り組んでいくことを表明する。

原水爆禁止日本国民会議
議  長 川野 浩一
 

このページの先頭へ