トップ  »  注目記事  »  「関電に原発を動かす資格なし!原発マネー徹底追及!市民緊急行動」

「関電に原発を動かす資格なし!原発マネー徹底追及!市民緊急行動」

2019年10月15日

 「関電に原発を動かす資格なし!原発マネー徹底追及!市民緊急行動」

10.15innnai.jpg
 「さようなら原発1000万人アクション」(さようなら原発)、「原発をなくす全国連絡会」(全国連)、「原発ゼロ自然エネルギー推進連盟」(原自連)の三者の主催、「原子力市民委員会」協力で、10月15日に行われました。午後4時30分から院内集会、午後6時30分から議員会館前集会を実施し、各100名が参加しました。
 
10.15inngai1.jpg
 「原自連」の河合弘之弁護士が、刑事告発して、この誰もがびっくりする原発を巡る腐敗構造を明らかにするべきであり、それを進めていくという発言をしました。鎌田聡さんが、企業が金をもらうというおかしな事態の真相を、大きな大衆運動によって追求していこうと呼びかけました。「全国連」の小田川義和さんは、災害が続発する時代に入ったと言えるような時に、原子力防災をこうした腐敗構造では担いきれないと指摘しました。その後、立憲民主党の山崎誠議員が、こうした時こそ「原発ゼロ基本法案」の審議を行い、脱原発、再生可能エネルギー促進を進めるべきであり、そのために国会で闘いを進め、次の選挙では野党が勝利しなければならないという決意表明がありました。同党の菅直人議員は、これで脱原発出来なければ日本はお終いであると、危機感を表明し、共産党の笠井潔議員は、野党が足並みをそろえて、原発ゼロを実現しようと訴えました。そして福井現地から参加した宮下さんが、地元でもあまりの腐敗の実態に驚いたこと、内部告発が大きな役割を果たしたこと、県内全体にわたるキャンペーンを行っていることを報告しました。
 
10.15inngai2.jpg

 原発マネーの還流が明らかになったこの機会に、一挙に原発全廃への道を拓こうという方向が打ち出された行動でした。

 

1015日関電に原発を動かす資格なし!原発マネー徹底追及!市民緊急行動】

開催呼びかけ

  関西電力の会長や社長など20名の役員や幹部に3.2億円もの金品などが長年に渡り流されていることが明らかになり、今国会でもこの問題を最重要課題として野党が共同して追求チームが組まれました。今後の国会での動きに注目していくことが重要です。

一方で、野党が共同提出した「原発ゼロ基本法案」も通常国会から持ち越されていますが、審議すら入れる状況にありません。関西電力の疑惑の追求と共に、原発ゼロ基本法案の審議入りを求める緊急の院内集会と院外(議員会館前)集会を、原水禁も参加するさようなら原発1000万人アクション実行委員会などの市民団体が呼びかけ、開催することになりました。

緊急な呼びかけではございますが、疑惑追及と原子力政策の転換にむけて市民の大きな声を上げることが重要です。

 

■院内集会

日時 10月15日(火)16:30~18:00
会場 衆議院第二議員会館多目的会議室
内容 主催者あいさつ
立憲野党・関電疑惑追及チームからの報告
原発ゼロ基本法案提出野党から
福井現地からの報告など

■院外集会
日時 10月15日(火)18:30~19:30
会場 衆議院第二議員会館前
内容 主催者あいさつ
立憲野党・関電疑惑追及チームからの報告
福井現地からの報告
市民団体からの発言など

主  催
さようなら原発1000万人アクション実行委員会(03-5289-8224)
原発をなくす全国連絡会(03-5842-6451)
原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(genjiren.2017@gmail.com)
原子力市民委員会(03-3358-7064) *交渉中

■ チラシはこちら

 

このページの先頭へ