トップ  »  注目記事  »  福島を忘れない!止めよう柏崎刈羽原発再稼働!東京集会

福島を忘れない!止めよう柏崎刈羽原発再稼働!東京集会

2014年04月12日

DSC00816(WEB).JPG

 一昨年の4月に「核被害を再び起こしてはならない」ことを誓って提訴した「柏崎刈羽原発運転差止め訴訟団」は4月12日、東京電力が進める柏崎刈羽原発の再稼働に反対する集会を日比谷図書館コンベンションホール(東京)で開催しました。
 集会では地元から、矢部忠夫さん(柏崎市議)らが、中越沖地震で事故を起こした同原発について、「このときの反省があれば福島の事故は防げた」と述べるとともに、反省もなく、福島の事故の原因も未だ不明確であるにもかかわらず、東京電力が、経営破綻状況を抜け出すため、再稼働に向けた適合審査したことを批判しました。そして「(柏崎刈羽原発の再稼働の問題は)、電気を消費する首都圏の人々の意識が変わらなければ解決にならない」と訴えました。
 参加した200人は、集会後銀座をデモ行進し、再稼働反対のアピールを行いました。

 

 

このページの先頭へ