トップ  »  出版物  »  原子力・核問題ハンドブック(2011年8月)

原子力・核問題ハンドブック(2011年8月)

2011年08月01日

 978-4-8228-1137-2.jpg
出版社:七つ森書館

和田 長久:編, 原水爆禁止日本国民会議:編
定価:2,200円+税/発行年月:2011年08月
四六判/並製/280ページ

内容
<第Ⅰ部 原子力問題編>
  1 原子と原子力──基礎編
     原子とはなにか
     ウランとプルトニウム
     核分裂
     放射線・放射能
     放射性崩壊、半減期
     放射性物質とその成り立ち
     核燃料サイクル

  2 原子力の商業利用──原子力発電
     世界の原発、日本の原発の現状
     米の「平和のための原子力」提案と見直し
     日本の原子力開発
     軽水炉
     六ヶ所・核燃料サイクル施設
     高レベル放射性廃棄物の危険性

  3 原子力開発の犠牲
     放射線ヒバクとその影響
     放射線障害
     核兵器爆発の被害、影響
     広島、長崎、原爆投下の犠牲、ヒバクシャの運動
     原爆放射線量評価の変遷
     核実験による被害
     スリーマイル島(TMI)原発事故
     チェルノブイリ原発事故
     福島第一原発大震災
     高速増殖炉「もんじゅ」再度の大事故

<第Ⅱ部 核問題編>
  4 核兵器
     マンハッタン計画と核兵器開発
     原子爆弾──ウラン爆弾・プルトニウム爆弾
     中性子爆弾
     劣化ウラン(DU)弾
     核兵器体系
     ミサイル防衛
     巡航ミサイル

  5 世界の核開発と核戦略
     米国の核開発・核戦略
     ソ連(ロシア)の核開発・核戦略
     中国の核開発と核戦力
     核の「闇市場」
     ブッシュ政権とオバマ政権の「核態勢見直し」(NPR)

  6 核軍縮へむけて
     日本の原水爆運動
     脱原発1000万人書名始まる
     上関原発反対運動
     世界の反核運動
     核不拡散条約(NPT)
     原子力供給国グループと拡散防止構想(PSI)
     IAEA(国際原子力機関)と核管理

『核問題ハンドブック』を大幅に改訂。基本から「原子力の商業利用」「原子力開発の犠牲」「世界の核開発と核戦略」「核軍縮に向けて」などを網羅。徹底的にこだわった1000 を超える索引項目。より深く、より広く知るための確かな情報源。


ご注文を受け付けています(送料別)

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館1F
TEL:03-5289-8224 FAX:03-5289-8223

お申し込みは書籍申込書にご記入の上、FAX:03-5289-8223、またはメール(list@gensuikin.org)でお願いします。

このページの先頭へ