トップ  »  声明・申し入れ  »  3.1人民蜂起88周年中央大会連帯のメッセージ

3.1人民蜂起88周年中央大会連帯のメッセージ

2007年3月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

フォーラム平和・人権・環境事務局長 福山真劫

   3.1人民蜂起88周年「日本当局の総聯と在日同胞に対する不当な政治弾圧と人権蹂躙行為を糾弾する中央大会」にお集まりのみなさんに心から連帯のメッセージを送ります。


 3月1日は、日本帝国主義の植民地支配に対して抗議する朝鮮民族の運動が広がった重要な記念すべき日です。しかし、88年後、その間の日本の敗戦などを経ながらも、いまなお日朝国交正常化は果たされず、「過去の清算」「在日の人権保障」などの課題は残されたままです。


 それどころか、在日朝鮮人に対する人権侵害、とりわけ朝鮮学校など民族教育に対する妨害行為は、東京の枝川をはじめ従来から公然・非公然と続けられてきた重大問題です。しかも、この間、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する「制裁」措置と称して、まさに弾圧や不当な人権侵害が当局の手によって、全国各地であからさまにすすめられてきました。


 東京都にいたっては、この集会の開催そのものを阻止しようとしました。私たち平和フォーラムも全国の主要メンバー200人が集まった3月1日の全国活動者会議で「東京都の朝鮮総聯主催集会の公園使用許可取消しに抗議する」決議を満場一致で採択し、東京都に抗議申し入れをしたところです。


 こうした状況のなか、私たち平和フォーラムは、微力ながらも、これまで以上にみなさんのとりくみを支援するとともに、東北アジアの非核・平和や、日朝国交正常化の実現、在日朝鮮人の人権確立に向けたとりくみをすすめていくことを表明して連帯のメッセージとします。 
 
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS