トップ  »  声明・申し入れ  »  第45回食とみどり、水を守る全国集会特別決議 TPPの妥結・参加に強く反対する決議

第45回食とみどり、水を守る全国集会特別決議 TPPの妥結・参加に強く反対する決議

2013年11月29日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

TPPの妥結・参加に強く反対する決議

   環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉はいま大きな山場を迎えています。 安倍晋三首相は今年3月に、「農産物5品目など「『国益』は強い交渉力で守る」として、多くの生産者・消費者・市民の反対や懸念を無視して交渉参加を表明し、7月から交渉会合の席に着きました。しかしその後、交渉内容はほとんど明らかにされないまま、10月8日の首脳会合で「年内妥結をめざす」ことが確認されています。

 これに対し、4月の衆議院・参議院両院の農林水産委員会で、①農林水産物の重要品目は関税削減・撤廃対象から除外、②重要5品目の聖域が確保できない場合は交渉からの脱退も辞さない、③食の安全・安心、食料の安定生産を損なわない、④投資家・国家訴訟(ISD)条項に合意しない、⑤国会・国民に十分な情報を提供し、幅広い国民的議論を行う、などと決議をしています。
 しかし、これらの決議が遵守されるとは、到底考えられません。TPP交渉は、国会決議を無視し、国民的な議論もないまま、秘密裡に一部の政府・官僚、経済界だけで進められています。

  TPPは農産物などの「関税」をはじめ、21分野という多方面にわたって交渉が行われています。そこでは、関税撤廃はもとより、各国の独自の規制や基準の撤廃や均一化など、究極の自由化を求めるものであり、各国の社会・文化的特性や国民の安全・安心、地域や環境が脅かされる恐れがあります。
  これは、平和に生き、暮らしていくための「生存権」が奪われることにつながるものです。
  食とみどり、水を守る全国集会は集会の名のもとに、改めてTPPの妥結・参加に強く反対して運動を進めていくことを決議します。

2013年11月29日

                            第45回食とみどり、水を守る全国集会参加者一同

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS