トップ  »  出版物案内  »  普天間基地問題についての考え方

普天間基地問題についての考え方

2010年5月 5日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 沖縄・普天間基地の移設問題について分かり易くまとめたパンフレットを発行しました。ご活用をお願いします。

  1. 普天間基地問題についての考え方タイトル   『普天間基地問題についての考え方』
  2. サ イ ズ  A4判24ページ 横書き
  3. 作   成  フォーラム平和・人権・環境
  4. 内   容
    • 普天間基地問題の論点整理=政府内での検討状況/沖縄県内での新基地建設は不可能/不明点が多い海兵隊のグアム移転/意味のない「抑止力」の議論/なぜ米軍は日本に駐留しているのか/私たちの態度
    • グアム移転と普天間基地=海兵隊の編成と役割/グアム移転で普天間基地の海兵隊はどうなるのか/普天間基地に残るヘリコプターの機数は?/最後まで残る機能
    • 資料=第3海兵遠征軍の編成と配置/沖縄の主な米軍基地と部隊配備/現在の米軍基地と在日米軍再編による変化/在外米軍の兵力比較/在外米軍の受け入れ国支援/在外米軍基地の比較
  5. 価格  200円(送料別)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS