トップ  »  トップランク  »  明日を決めるのは私たち―平和といのちと人権を!5.3憲法集会

明日を決めるのは私たち―平和といのちと人権を!5.3憲法集会

2016年4月22日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

160211.jpg

   昨年5月3日に横浜にて開催された「平和といのちと人権を!5.3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」には3万数千人が参加し、憲法破壊を目論む安倍政権と対決する決意を固めあいました。この集会が、昨年の夏、日本を揺るがした「戦争法案」廃案を求めるたたかいのスタートであったと言えます。

   2016年、安倍政権は憲法破壊・人権破壊・生活破壊に突き進んでおり、いっそう暴走の度合いを強めています。この危機的状況の中で、再度、戦争・原発・貧困・差別といった課題にとりくむ諸団体・個人との共同による憲法集会を、東京・有明防災公園において開催することとなりました。

   この「明日を決めるのは私たち―平和といのちと人権を!5.3憲法集会」へのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

日時:2016年5月3日(火・休)11時~16時(予定)
場所:有明防災公園(東京臨海広域防災公園)
主催:5・3憲法集会実行委員会

集会内容: ※4月6日時点の内容です。変更・追加がありますので、ご確認をお願いします。
11時~ ブース・イベント広場スタート

12時~ プレコンサート:
      きたがわてつ(シンガーソングライター)/古謝美佐子(沖縄民謡歌手)

13時~ 集会: ※司会:齋藤優里彩(制服向上委員会)
 開会あいさつ

 スピーチ:
  むのたけじ(ジャーナリスト) 
  浅倉むつ子(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合、早稲田大学大学院教授)
  菅原文子(おひさまファーム竜土自然農園、辺野古基金共同代表)
  高校生平和大使から ほか

政党あいさつ
パフォーマンス
リレートーク:
 憲法、安保法制、辺野古新基地建設、福島、障がい者、差別、ヘイトスピーチ、TPP、道徳の教科化、労働法制、子どもの貧困 ほか

閉会あいさつ

14時30分~ クロージングコンサート:
         the LOW-ATUS(細美武士×TOSHI-LOW)

パレード: ※調整中

詳しくはこちら

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS