トップ  »  集会等の報告  »  朝鮮総聯/日本当局の総聯と在日同胞に対する不当な政治弾圧と人権蹂躙行為を糾弾する中央大会(日比谷野音 デモ激励・鍛冶橋交差点)

朝鮮総聯/日本当局の総聯と在日同胞に対する不当な政治弾圧と人権蹂躙行為を糾弾する中央大会(日比谷野音 デモ激励・鍛冶橋交差点)

2007年3月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加


                              
 在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)は3月3日、万景峰(マンギョンボン)号入港禁止など日本政府による制裁の撤回や在日朝鮮人の人権擁護を求める集会を東京・日比谷公園大音楽堂で開き、 7000人が参加し、集会後、銀座コースでデモ行進しました。この集会には、福山真劫・平和フォーラム事務局長がメッセージを寄せたほか、清水澄子副代表も朝鮮女性と連帯する会を代表して激励あいさつしました。集会・デモには右翼団体が各所で妨害・暴行行為を重ねましたが、これらをはねのけて、鍛冶橋交差点付近で沿道から激励行動をI女性会議などの市民団体が行いました。集会に対して東京都が日比谷野外音楽堂の使用許可を取り消すという許しがたい暴挙がありましたが、裁判所が使用を認め、予定通り開催されたものです。

連帯のメッセージ
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS