トップ  »  集会等の報告  »  2018年  »  戦争法の強行採決から3年 9.19日比谷野音集会に4800人

戦争法の強行採決から3年 9.19日比谷野音集会に4800人

2018年9月19日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

919集会日比谷野音 1.JPG

  9月19日、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」との共催で「戦争法から3年、安倍9条改憲NO!沖縄・辺野古新基地建設阻止!9.19集会」を東京・日比谷野外音楽堂で開催し、4800人が参加しました。
 主催者を代表して高田健さん(9条壊すな!実行委員会)が「強行採決された戦争法は必ず廃止することを誓い合ってから3年が経った。安倍首相は次期国会で改憲発議をやり、来年の参院選までに国民投票を行うとも言っている。絶対に許してはならない。また、沖縄県知事選に何としても勝たなければならない。『安倍9条改憲NO!3000万署名』を成功させ、市民と野党が連携して改憲発議を阻止する闘いをやり抜こう!」と訴えました。
 政党から無所属の会の大串博志幹事長、国民民主党の小宮山泰子衆院議員、社民党の吉川元衆議院議員、立憲民主党の福山哲郎幹事長、日本共産党の小池晃書記局長が、連帯の挨拶を行い、それぞれ「沖縄県知事選に必ず勝利し、安倍政権打倒へ」ともに闘う決意を述べました。
 また、安保法制に反対する学者の会の上野千鶴子・東大名誉教授が「シールズは解散したが、学者の会は解散していない。年寄りはしつこい。私は絶望していない。民主主義は繰り返し不死鳥のごとく生き返るからであり、このように皆さんがいるからだ。あきらめず一緒に歩き続けよう!」と呼びかけました。
 「止めよう!辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会の青木初子さんは「沖縄は平和憲法の枠外におかれ、踏みにじられてきた。沖縄を踏みにじって平和な日本はありえない、辺野古新基地建設を阻止し、命こそ宝(ヌチドウタカラ)の島を守り、平和な沖縄、平和な日本を守り抜こう!」と訴えました。
 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「沖縄県知事選は、命を懸けて、未来のため県民のために心を砕いた翁長雄志知事の無念を晴らし、その遺志を継ぐたたかいだ。政府のいくばくかの交付金と言う餌にしがみつき、誇りをかなぐり捨てる人たちに、翁長さんの死を冒涜させる訳にはいかない。玉城デニーさんの勝利のためにたたかい、改憲阻止、辺野古新基地建設阻止に向け、共にたたかおう!」と呼びかけました。
 最後に、福山真劫さん(戦争をさせない1000人委員会)が行動提起を行い「沖縄にたたかいに勝利すること、憲法9条改憲の阻止、東アジアの平和の実現の3つが当面する最大の闘いだ。9月30日の沖縄県知事選勝利のため、できることを何でもしよう。そして、3000万署名を成功させ安倍改憲を阻止しよう。今後、10月19日の19日行動、11月3日の国会前大行動を開催する。全力で結集をしてほしい。来年の参院選も野党と市民が力を合わせれば必ず勝てる。その自信と確信をもってたたかい抜こう!」と訴えました。
 集会後、参加者はプラカードや横断幕、ペンライトなどを手に、「戦争法はただちに廃止を!」「改憲を許さない!」「辺野古新基地建設阻止!」「沖縄県知事選挙の勝利へ!」などとコールを行いながら、銀座周辺をデモ行進しました。(下写真:デモの先頭に立つ山城博治さん=右2人目)
 9.19日比谷2.jpg

 

 

 

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る  »  一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS