トップ  »  トップランク  »  真摯に歴史と向き合い、アジアとの友好関係を築こう!「憲法と『建国記念の日』を考える2.11集会」

真摯に歴史と向き合い、アジアとの友好関係を築こう!「憲法と『建国記念の日』を考える2.11集会」

2017年2月11日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 2月11日、東京・連合会館で「憲法と『建国記念の日』を考える2.11集会」が開催され、約250名が参加しました。

170211.jpg


開会のあいさつで藤本泰成・平和フォーラム代表は、戦争の放棄を宣言した重大な日である「文化の日」を「明治の日」に変えようとするなど、歴史を捻じ曲げようとする安倍政権の姿勢を批判。そして「わたしたちは常に真実は何か、歴史とは何かを見つめ、騙されない市民として今を生き、そして人間として恥じない歴史を積み上げていかなければならない」と参加者に呼びかけました。
そして講演「朴政権の危機と韓日関係」では、韓国・ハンギョレ新聞のキル・ユンヒョン東京支局長が朴政権成立以後の日韓関係と今後の展望について話されました。キルさんはこの間の日韓関係を読み解くキーワードとして中国の台頭と歴史認識問題を指摘。朴政権が中国寄りの政策を進めることに危機感を感じた安倍政権が、日米韓の軍事同盟を強化するために日韓関係の最大の「障害物」となっている日本軍「慰安婦」問題を封じ込めようとしたのではないかと分析しました。キルさんは日本軍「慰安婦」問題について国家の責任を認めない安倍政権について批判する一方で、日韓両国の市民はいま一度1998年の「パートナーシップ宣言」の精神を思い出し、友好な日韓関係を築くためにそれぞれ取り組んでいかなければならないと主張されました。

DSCF3429.jpg


そして報告「未来を拓く歴史認識を育てるために」では、元教員の廣田克枝さんがご自身の教育実践について話されました。廣田さんは日本の戦争犯罪について語ることが難しくなってきている教育現場の実情に触れながら、それでもアジアの友好のためにはやはり侵略と抵抗の歴史について教えなければならないと話されました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS