トップ  »  集会等の報告  »  米軍再編はいらない!!憲法改悪を許さない全国集会(社会文化会館 前段行動・衆議員会館)

米軍再編はいらない!!憲法改悪を許さない全国集会(社会文化会館 前段行動・衆議員会館)

2007年2月28日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

070228.jpg

 

 平和フォーラムなど実行委員会による「米軍再編はいらない!!憲法改悪を許さない!!2・28集会」には東京・社会文化会館に約600人が参加。 主催者あいさつで福山真劫・平和フォーラム事務局長は「自公政権は重層的に戦争のできる国づくりに向けた攻撃をかけてきている」と強調。 特措法案は「米軍再編に賛成する所にしか交付金を下ろさない差別的法案」とし、沖縄米海兵隊グアム移転の日本側負担約7000億円の積算根拠などを含め国会での徹底的追及を求めました。 民主党の川内博史衆議院議員、社民党の福島みずほ党首(参議院議員)の国会報告につづいて、 全国基地ネット代表の住友肇さん(北海道平和運動フォーラム代表)と、許すな!憲法改悪・市民連絡会の高田健さんが問題提起。 米軍嘉手納基地(沖縄)のF15戦闘機の分散移転訓練が3月5日の空自築城基地(福岡)を皮切りに始まることや米イージス艦の配備強化などに注意を喚起。 高田さんは、いわゆる国民投票法案の正式法案名は「憲法改正手続き法案」であること、国民投票で問われるのは改憲の賛否でなく国会が発議した改憲案への賛否とし、 「改憲派に非常に都合よく仕組まれた法案」であることを指摘しました。

 

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS