トップ  »  集会等の報告  »  子どもたちに核のない未来非核平和行進スタート-青森反核燃集会(青森)

子どもたちに核のない未来非核平和行進スタート-青森反核燃集会(青森)

2007年4月 9日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 青森県が電事連の要請からわずか9カ月後、県議会全員協議会を開催し核燃料サイクル施設を受け入れたのが1985年4月9日。むつ小川原巨大開発の失敗を覆い隠すために、十分な説明も資料もあきらかにせず、青森県と国、電事連が仕組んだものです。以来、この日を「怒りの日、屈辱の日」として反核燃の日全国集会を開催するとともに、非核平和行進のスタートの日としてきました。本年は秋にも本格操業を始めようとしている六ヶ所再処理工場を止めるためのたたかいが続いていますが、統一地方選挙と日程が重なるため全国集会は6月に延期しましたが、青森県内7ブロックで集会を開催しました。 
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS