トップ  »  集会等の報告  »  国民投票法案・在日米軍特措法案の自公による強行採決に抗議する座り込み(原爆ドーム前)

国民投票法案・在日米軍特措法案の自公による強行採決に抗議する座り込み(原爆ドーム前)

2007年4月13日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加


  改憲手続き法と米軍再編特措法が衆議院本会議で採決が強行された4月13日、広島では県原水禁と平和運動センターの75人が原爆ドーム前で抗議の座り込みを行いました。向井高志・県原水禁代表委員(平和センター議長)は「与党の強行採決は無謀。ヒロシマは戦争による死者たちの存在を忘れてはならない」と指弾しました。 
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS