トップ  »  集会等の報告  »  米軍再編はいらない憲法改悪を許さない集会(社会文化会館)

米軍再編はいらない憲法改悪を許さない集会(社会文化会館)

2007年4月13日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

  平和フォーラムなど実行委員会による「米軍再編はいらない!!憲法改悪を許さない!!4・13集会」には東京・社会文化会館に約400人が参加。 当日午後、安倍政権自公与党が「改憲手続き法案」と「在日米軍再編特措法案」を衆議院本会議で採決を強行するという暴挙に強く抗議しました。 主催者あいさつで福山真劫・平和フォーラム事務局長は、有事法制を盧武鉉韓国大統領の国会演説の日に強行成立させたことに続いて、 温家宝首相の国会演説の日に採決を強行したことを重視し、アジアの首脳が歴史認識を踏まえた平和と協力を唱えたときに、 日本の発した傲慢なメッセージだと指摘しました。 民主党の平岡秀夫衆議院議員、社民党の保坂展人平和市民委員長(衆議院議員)の国会報告、入間PAC3配備反対を取り組んだ社民党の日森文尋衆議院議員の紹介につづいて、わずか2カ月で40万筆以上を集約した米軍再編反対緊急署名を自治労と神奈川の代表から3議員に手渡しました。 


 この後、リレートークで、改憲手続き法案の問題点について横須賀住民投票条例運動の経験を踏まえて原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会共同代表の呉東正彦弁護士、改憲手続き法案に対するとりくみについて許すな!憲法改悪市民連絡会の高田健さん、米軍再編と沖縄のたたかい・5月の平和行進や嘉手納包囲行動などについて沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長、自衛隊入間基地へのPAC3配備反対のとりくみについて埼玉県平和運動センターの中島修事務局次長、沖縄に連帯するとりくみについて一坪反戦関東ブロックの吉田正司さん、改悪教育基本法と関連法に対するとりくみについて、日教組の岡島真砂樹教文局長から提起と報告を受けました。

チラシ

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS