トップ  »  集会等の報告  »  新司令部分遣隊のキャンプ座間への移駐に反対する抗議行動(座間市)

新司令部分遣隊のキャンプ座間への移駐に反対する抗議行動(座間市)

2007年8月21日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

070821.jpg

  神奈川平和運動センター・基地撤去をめざす県央共闘会議・第1軍団の移転を歓迎しない会の3団体は8月21日、神奈川県座間市にある米軍キャンプ座間に対して、 米陸軍第1軍団新司令部分遣隊のキャンプ座間への移駐通告に抗議する申し入れを行いました。 在日米軍再編に関して日米政府は、現在は米本土ワシントン州にある陸軍第1軍団司令部を、キャンプ座間に移転することで合意しました。 しかしキャンプ座間がある座間市と相模原市では、行政・議会・市民の3者ともに、司令部移転に反対しています。 こうした中で8月14日に横浜防衛施設局の高見澤局長が座間市・相模原市・神奈川県を訪れ、新司令部の分遣隊(約30人)が8月20日前後に、 キャンプ座間内で発足することを伝えてきました。今回の行動は、行政や市民の声を無視して新司令部設置を進める米軍に対して、抗議するもの。 抗議行動には、労働組合や市民など45人が参加。キャンプ座間の正面ゲート前で、それぞれの団体が用意した抗議文を読み上げ。 最後に、基地に向けて全員でシュプレヒコールを行い、抗議行動を終えました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS