トップ  »  集会等の報告  »  教科書検定意見撤回を求める県民大会(沖縄・宜野湾市)

教科書検定意見撤回を求める県民大会(沖縄・宜野湾市)

2007年9月29日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

070929.jpg

 9月29日午後、高校歴史教科書の検定で、文部科学省が沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」から日本軍の強制を示す記述を削除させたことに抗議する 「教科書検定意見撤回を求める県民大会」(主催・同実行委員会)が、沖縄県の宜野湾海浜公園で開かれ、11万人以上が参加し会場を埋め尽くしました。 大会では、実行委員長の仲里利信県議会議長らが登壇し、文科省に検定意見の撤回と記述回復を求めました。 開会前、平和への思いを訴える読谷高校生の創作ダンスや渡嘉敷村の「集団自決」犠牲者を慰める鎮魂歌「白玉の塔」などがささげられました。 宮古、八重山でも同じ時刻に、郡民大会が開かれそれぞれ2500人以上が参加しました。 沖縄戦終焉の地・糸満市摩文仁で採火された「平和の火」が、34km離れた会場まで100人以上が「平和の火リレー」で走り継ぎました。 実行委には県議会や県婦人連合会など22団体に平和運動センターなど247の共催・賛同団体が加わりました。

 県民大会決議  チラシ表(pdf)  チラシ裏(pdf)
 →沖縄平和運動センター
 →琉球新報 ・号外(pdf)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS