トップ  »  集会等の報告  »  JR採用差別全面解決を迫る全国集会(日比谷野音)

JR採用差別全面解決を迫る全国集会(日比谷野音)

2007年11月30日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

071130.jpg

 国鉄の分割・民営化の際に国労の組合員など1047人がJRに採用されず解雇された問題で、国労など当事者4者4団体が主催する 「20年の節目、総力をあげた闘いで勝利を!『JR採用差別』全面解決を迫る11・30全国大集会」が、東京・日比谷野音で開催され、 全国から7300名が参加し、「全参加者の総意として、当事者たちの解決にあたっての具体的要求を実現するため、全国各地で引き続き支援体制の強化 と大衆的な運動の高揚をめざし、裁判闘争の勝利と政府との解決要求交渉による当事者が満足する解決を勝 ち取るまで断固闘う」とのアピールを採択。集会後、銀座をデモ行進しました。 主催者あいさつで国労の高橋伸二委員長は「解雇された仲間とその家族が心の底からの笑顔を取り戻せるよう、改めて政治的和解、 解決をなしとげる決意を示したい」と訴えました。 集会呼びかけ人代表の芹澤壽良高知短期大学名誉教授は、「新たな正念場を迎えている今ほど原告と家族へ の励ましが必要であり、満足いく解決か図られるよう協力を」と訴えました。

集会アピール  →国鉄新聞(pdf)  →レイバーネット →チラシ(pdf)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS