トップ  »  集会等の報告  »  ワークショップ「国内人権機関と人種差別撤廃法の実現をめざして」(韓国YMCA)

ワークショップ「国内人権機関と人種差別撤廃法の実現をめざして」(韓国YMCA)

2007年12月 1日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

071201-2.jpg

  入管法などで外国人への管理と差別を強める日本に対して、韓国では国家人権委員会が設置され、差別禁止のための法・制度の整備がすすめられています。 外国人人権法連絡会は12月1日、韓国・国家人権委員会の鄭康子(チョン・カンジャ)さんを講師にワークショップ「国内人権機関と人種差別撤廃法の実現をめざして」を 東京・韓国YMCAで50名が参加して行いました。鄭康子さんの「韓国の『差別禁止法案』概要および準備過程-外国人など差別禁止法制」についての講演のほか、 「日本におけるマイノリティの人権保障」の発題を、田中宏龍谷大学教授「在日コリアンの人権状況と人権基本法」、 渡辺英俊移住連共同代表「移住労働者・移住者の人権状況と人権基本法」、 自由人権協会の旗手明さん「人種差別撤廃法の必要性」、 丹羽雅雄弁護士「外国人・民族的マイノリティ人権法制の必要性」と行い討議・交流しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS