トップ  »  集会等の報告  »  新テロ特措法案を廃案へ 衆議院再可決を許さない緊急集会(社会文化会館)

新テロ特措法案を廃案へ 衆議院再可決を許さない緊急集会(社会文化会館)

2008年1月10日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 

080110.jpg

 

 

 1月10日、東京・社会文化会館で平和フォーラム主催の 「新テロ特措法を廃案へ・沖縄戦歴史歪曲に反対・戦争する国づくりを許さない1・10緊急集会」 が700名参加のもと開催されました。 この集会は、民意に背を向けた再議決は断じて認めないとともに、沖縄戦教科書記述について軍の強制を否定し続けようとする政府・文科省の姿勢を指弾するもの。 方針提起に立った平和フォーラムの藤本泰成副事務局長は、海上自衛隊の給油再開について「兵たん活動が戦争そのものであることは論を待たない」と厳しく批判しました。 国会情勢報告を民主党衆議院議員の平岡秀夫さん、参議院議員で社会民主党副党首の又市征治さんが行いました。 集会には、この2人の他、民主党から横光克彦衆議院議員と犬塚直史・神本美恵子・今野東・松野信夫・水岡俊一の各参議院議員、 社民党から菅野哲雄・重野安正・辻元清美・照屋寛徳の各衆議院議員と山内徳信参議院議員も参加、それぞれ決意を表明しました。 この後、NPO法人「ピースデポ」の田巻一彦さんが「自衛隊インド洋派遣の問題点」について講演し、基本計画の国会承認を必要としない新法の危険性を訴えました。 また、琉球大学教授の高嶋伸欣さんが「教科書検定問題について」講演し、沖縄県民の怒りが広がっている状況と軍の強制をはじめ戦争の真実を広げていくとりくみを提起しました。 講演に続いて、最後に自治労青年部長の筒井直樹さんの音頭で団結ガンバロウを行い集会を終えました。  →チラシ(pdf)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS