トップ  »  集会等の報告  »  PAC3武山基地配備抗議行動(2008年01月30日 神奈川県横須賀市・武山基地)

PAC3武山基地配備抗議行動(2008年01月30日 神奈川県横須賀市・武山基地)

2008年1月30日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

080130.jpg

 防衛省・自衛隊は1月30日早朝、神奈川県横須賀市にある武山基地に、PAC3ミサイルの搬入を強行しました。 これに対して、三浦半島地区労や神奈川平和運動センターに参加する労働組合、また様々な市民団体が武山基地前に集まり抗議行動を行いました。 PAC3は、北朝鮮や中国からの弾道ミサイル攻撃を想定した、ミサイル防衛(MD)兵器です。 防衛省・自衛隊は2010年度までに、全国に16高射隊分のPAC3部隊を配備するとしています。 2007年度は、昨年3月の入間基地(埼玉県)、11月の習志野基地(千葉県)に続いて、武山基地が3か所目です。 本年土中にさらに霞ヶ浦基地(茨城県)に配備する予定です。 米海軍は横須賀基地に9隻のイージス艦を配備し、そのうち4隻はSM3対応です。 数年のうちに海上自衛隊もSM3対応の護衛艦を配備します。 今回のPAC3配備は、横須賀基地を中心にした、日米共同でのミサイル防衛の一環です。 PAC3の目的は米軍施設を守ることであり、日本の市民を守るものではありません。 平和フォーラムは、各地の平和運動センターや市民団体と連携し、今後もミサイル防衛に反対していきます。

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS