トップ  »  集会等の報告  »  米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する沖縄県民大会(北谷町)

米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する沖縄県民大会(北谷町)

2008年3月23日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

080323.JPG

  3月23日(日)午後2時から、沖縄県北谷町の北谷公園野球場前広場で、「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」が、同実行委員会の主催で開催されました。 沖縄では暖かい日が続いていましたが、この日は傘やカッパが役に立たないほどの大雨。しかし、そうした中でも6000人を超える人びとが参加しました。 平和フォーラムからは、全国基地ネット加盟地域組織・フォーラム平和関西ブロック・同九州ブロックが代表団を派遣。 また自治労・日教組・全水道などの中央団体が参加しました。

 沖縄では米軍兵士による性暴力事件が続いています。 2月10日には女子中学生が海兵隊員から、2月18日にはフィリピン人女性が陸軍兵士から性暴力を受ける事件が受けました。 県民大会は、途切れることの無い米軍兵士による事件・事故と、何らの策もとらない日米両国政府に対する抗議として開かれたのです。

 今回の県民大会は、子ども会育成連絡協議会や県婦人連合会など社会教育団体の呼びかけに、 沖縄平和運動センター・連合沖縄などの労働組合や市民団体が協力して開かれました。 大会では、PTAや婦人団体の代表者、弁護士や戦争体験者などが、次々と登壇して発言しました。 また2002年に横須賀市で、米海軍兵士から性暴力を受けたジェーンさんは、「日本は戦闘地帯。女性や子どもの人権が侵されている」 「被害者に罪は無い。しかし性犯罪では被害者がパッシングを受ける」と、自らの思いを語りました。

 県議会各党や県出身国会議員、市町村長も多数出席しました。 しかし、仲井真引多知事や自民党は欠席。 発言に立った人々は、「この場に私たちの代弁者が来ていない」と、県知事の不参加を強く批判しました。

 この日は先島でも集会が開かれ、宮古島で280人・八重山で350人が参加しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS