トップ  »  集会等の報告  »  PAC3ミサイル霞ヶ浦基地配備監視・抗議行動(土浦市・空自霞ヶ浦分屯地前)

PAC3ミサイル霞ヶ浦基地配備監視・抗議行動(土浦市・空自霞ヶ浦分屯地前)

2008年3月29日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

080329.JPG

  3月29日早朝、茨城県土浦市の航空自衛隊・霞ヶ浦分屯地(陸上自衛隊・霞ヶ浦駐屯地内)に、ミサイル防衛(MD)のためのPAC3ミサイルが搬入されました。 これに対して茨城平和擁護県民会議は、川口玉留会長・相良事務局長を先頭に、加盟労組・民主団体が参加して、監視・抗議活動を実施。 行動には、関東各地から集まった市民団体の人びとも合流し、総勢70人が、「PAC3の配備反対」「ミサイル防衛反対」の声を上げました。 茨城平和擁護県民会議や市民団体の関係者は、29日午前2時に、航空自衛隊・霞ヶ浦分屯地に近い駐車場に集合。 県民会議会長であり、地元土浦市の市議会議員でもある川口玉留さんから、防衛省から市に対する搬入通告などこの間の流れについての説明と、抗議行動についての提起を受けました。 その後、自衛隊駐屯地に向かって移動し、正門前でのぼり旗やプラカードを掲げて、監視・抗議行動を行いました。 行動開始から2時間が経過した午前3時50分頃、緑色のトレーラーがこちらに向かってきました。 私たちは、「PAC3は霞ヶ浦に来るな」「憲法違反のPAC3の配備反対」と、大きな声でシュプレヒコールを行いました

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS