トップ  »  集会等の報告  »  多国籍住民と日本の議員でつくる多文化フェスタ(新宿・東京韓国学校)

多国籍住民と日本の議員でつくる多文化フェスタ(新宿・東京韓国学校)

2008年11月30日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

081130.jpg

 11月30日、「多国籍住民と日本の議員でつくる多文化フェスタ」が 新宿の東京韓国学校体育館で開催されました。 主催は、民国青年会、定住外国人参政権日・韓・在日ネット、在日コリアン青年連合、 在日フィリピン人のHAKMI GROUPと平和フォーラムの呼びかけによる実行委員会。 約250人が参加しました。 日本には今、コリアンや中国人、ブラジル人、フィリピン人をはじめ190ヶ国もの国籍を持つ人々が 215万人以上暮らしています。 外国人も生活している以上、いろいろ気になること、伝えたいことが出てきます。 けれども投票権がなく、議会や行政に意見を反映させることが困難です。 そこで、各々が持つ文化を知ってもらうとともに、 議員たちとの直接対話の場をつくろうという趣旨で開かれました。 集会の第1部では、 金宗沫民国青年会長の主催者あいさつ、 エッセイストの朴慶南さんの基調講演につづいて、多国籍市民と日本の議員のリレートーク。 多国籍市民は、中国籍の王慧槿さん(NPO多文化共生センター)、 ブラジル国籍の柳瀬フラビアさん(学生)、 フィリピン国籍のオリビア赤津さん(HAKMI GROUP代表)、 ニュージーランド国籍で各国の労働組合にかかわってきたマックニール・ドゥガルさん、 ガーナ国籍のフェリックス・オウスさん(英会話教師)、 日本国籍の土肥郁美さん(よさこいアリラン・はなこりあ)、 韓国籍の金朋央さん(在日コリアン青年連合共同代表)。 国会議員は、民主党から赤松広隆衆議院議員とツルネンマルティ参議院議員、 社民党から保坂展人、 公明党から高木美智代、 共産党から笠井亮 の各衆議院議員が参加。 市民・議員が交互に質疑応答を交えてアピールしました。 第2部は、フェスタ・コンサート。 ロックンロールバンドYBB(YamaguchiBrothersBand)、 フィリピンのリンダ・コラソンさんのソング、 日韓・在日20人はなこりあによるダンスよさこいアリラン、 韓国の在日・ニューカマーユニットKPのラップが披露されました。  →民団新聞  →チラシ

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS