トップ  »  集会等の報告  »  日朝国交促進国民協会/連続討論第5回(番町会館)

日朝国交促進国民協会/連続討論第5回(番町会館)

2009年2月13日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

090213.jpg

日朝国交促進国民協会(会長・村山富市元首相)が昨年12月から開催している10回シリーズ連続討論「拉致問題を考える」の5回目。 同協会の事務局長である和田春樹東大名誉教授が「横田家三代の女性の気持ち」と題して、拉致された横田めぐみさん、その子で横田夫妻の孫娘となるキム・ウンギョンさん、 めぐみさんの母親である横田早紀江さんについて、その動きや発言などを整理しながら日朝の間に置かれた問題点を浮き彫りにしました。  

日朝国交促進国民協会

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS