トップ  »  集会等の報告  »  日本の建設的役割を求め提起-丁世鉉韓国元統一部長官

日本の建設的役割を求め提起-丁世鉉韓国元統一部長官

2009年2月26日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

講演集会の様子

 日朝国交正常化連絡会は2月26日に韓国YMCAで、丁世鉉(チョン・セヒョン)韓国元統一部長官を講師に招き、「朝鮮半島の新たな転換へ-日本はどう向かい合うべきか」をテーマに講演集会を開催し、150人以上が参加しました。はじめに連絡会共同代表・事務局長の石坂浩一立教大学准教授が主催者あいさつ、民主党の今野東参議院議員と社会民主党副幹事長の保坂展人衆議院議員の来賓あいさつにつづいて、丁世鉉元長官が「東北アジアの平和と日本の役割」と題して講演。「北朝鮮核問題は東北アジア冷戦構造解体のレベルでアプローチすべき」「北朝鮮の核問題解決後に6カ国協議を東北アジア安保協力協議機構に」「日本の建設的役割、未来志向的歩みのために」について提起しました。講演に続いて、連絡会顧問の和田春樹東京大学名誉教授と石坂代表でディスカッションを行いました。また、コリア子どもキャンペーンの筒井由紀子事務局長と3・1朝鮮独立運動90周年集会について渡辺健樹日韓ネット共同代表の報告、石坂代表の今後のとりくみについての行動提起を受けて、集会は終了しました。

 なお、同日午後には社民党との懇談、民主党朝鮮半島議連との懇談も行いました。

n090226.jpg

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS