トップ  »  集会等の報告  »  被災55周年ビキニデー集会に320人参加

被災55周年ビキニデー集会に320人参加

2009年3月 2日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

ビキニデー集会の様子  3月2日、原水禁は東海ブロック、静岡県民会議とともに、被災55周年3・1ビキニ・デー全国集会を静岡市の勤労者総合会館で開催しました。集会には約320名が参加しました。川野浩一原水禁副議長の主催者あいさつ、鈴井孝雄静岡県平和・国民運動センター会長の歓迎あいさつにつづいて、東海地震説の提唱者として知られる石橋克彦神戸大学名誉教授が「原発震災-東海地震と浜岡原発」と題する講演と提起。韓国の全南道庁保存のための共同対策委員会の特別報告「光州民主化闘争と歴史の継承について」、中村進原水爆禁止新潟県協議会事務局長の「中越沖地震と柏崎刈羽原発の現状と再開反対運動」、米沼一夫青森県平和労組会議事務局長の「六ヶ所再処理工場の稼動阻止にむけて」の報告が行われました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS