トップ  »  集会等の報告  »  靖国無断合祀やめろ-平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動2009

靖国無断合祀やめろ-平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動2009

2009年8月 8日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

090808.jpg

 「平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動2009-東アジアからヤスクニを見る」(主催・同実行委)は、8月7日、日本弁護士会館クレオに320人が参加して、南相九(韓国・東北アジア歴史財団研究員)、高金素梅(台湾立法委員)、シュテファン・ゼーベル(東京大学総合文化研究科博士課程)の3人のパネラーのもと、東アジア各地域、そして日本在住ドイツ人の立場から、インターナショナルな視点での靖国問題への言及がなされて行われました。翌8日には、東京・上野水上音楽堂でコンサートが開かれ、のべ600人が参加しました。コンサートには、韓国の学生や台湾原住民も多く参加し、途中から、「遺骨発掘60周年 中国人強制連行殉難者のための慰霊と公道を求める八月行動」に参加している大陸中国人も合流し、より国際色豊かな集いとなりました。「月桃の花 歌舞団」によるエイサーで開幕。その後、靖国合祀に抗議する戦没者遺族の証言が行われました。集会では、戦没者遺族として、韓国からは李熙子さん、台湾からは先住民の張嘉琪さんと張雅舜さんの姉妹、日本からは熊田郁子さんが発言。このうち台湾姉妹は、母方の叔父3人が強制的に先住民でつくる「高砂義勇隊」に入隊させられ戦死。その後、母親が2回靖国神社を調べた結果、3人の叔父のうち2人が靖国に合祀されていることが分かったと説明しました。その上で姉妹は、靖国に叔父が合祀されていることは「耐えがたい苦痛」と強調した上で、「靖国神社が合祀をやめ、日本政府が過ちを認め、謝罪と賠償を行なうその日までたたかう」と訴えました。遺族証言の後は本格的にコンサートが開催。「月桃の花 歌舞団」、生田卍、寿、キム・ウォンジュン、ソン・ビョンフィ、クォン・へヒョ、そして台湾原住民「飛魚雲豹音楽工団」と、それぞれのアーティストが客席を大いに盛り上げました。また、入口付近ではペインティングの催しも行なわれ、多くの参加者が自由にペイントし、メッセージを書き添えました。コンサートの後は秋葉原へ向けてキャンドル・デモ。キャンドルを灯し上野の街で「靖国合祀反対!」「日本の侵略戦争を美化するな!」など、力強く訴えました。途中右翼との遭遇もありましたが、トラブルもなくかえってデモはヒートアップしました。そして最後にデモ終了地点の公園で、みんなで「ヤスクニNO!」を叫び、散会しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS