トップ  »  集会等の報告  »  平和フォーラム総会・原水禁国民会議全国委員会開く

平和フォーラム総会・原水禁国民会議全国委員会開く

2010年4月21日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

総会の様子

 4月21日、平和フォーラムは第12回総会、原水禁国民会議は第85回全国委員会を開催しました。平和フォーラム総会には代議員など160名が参加。沖縄での県民大会や普天間基地包囲行動などの基地撤去のとりくみの報告(沖縄)の他、徳之島への移設反対のたたかい(鹿児島)や三重、富山、新潟などからも基地撤去に向けた運動報告と意見が出されました。また、教育問題や農業・食料政策(富山)、JR採用差別問題解決に向けたとりくみ(国労)、原発とエネルギー問題(島根)、柏崎刈羽原発問題と水俣病被害者の救済を求める運動(新潟)、在特会の暴行に対する訴訟のとりくみ(徳島)などついて報告や意見が出されました。役員を含む議案を確認し、最後に、「普天間飛行場の早期閉鎖と返還を求め、沖縄県内・国内への移設、新基地建設に反対し、日米安全保障体制と在日米軍基地の見直しを求める特別決議」および「韓国併合100年にあたり東アジアとの新たな連帯をめざして」の特別決議が満場一致で確認されました。
 前段に開催した原水禁全国委員会では、上関原発新設反対のたたかいの報告と支援強化の訴え(山口)、六ヶ所再処理工場の現状と「反核燃の日」行動の報告(青森)とともに、運動の基本スタンスや市民運動との連携についての討論(静岡など)を行いました。議案の承認とともに、新役員を選出。新たに原水禁副議長となった小西清一日教組副委員長からあいさつを受けました。

特別決議「普天間飛行場の早期閉鎖と返還を求める」
特別決議「韓国併合100年にあたり東アジアとの新たな連帯をめざして」
2010年度 主な課題
2010年度制度・政策要求
2009年度活動経過(09/04-10/03)
各地のとりくみ(09/03-10/03)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS