トップ  »  集会等の報告  »  「普天間基地はいらない! 新基地建設を許さない!」東京で2つの集会が開催

「普天間基地はいらない! 新基地建設を許さない!」東京で2つの集会が開催

2010年4月25日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 米軍普天間基地の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求めて、4月25日に沖縄・読谷村で9万人を超える参加者が集まり、県民大会が開かれました。
 その同日、東京でも2つの集会・イベントが開かれ、「沖縄県民とともに声をあげよう」と、多くの参加者が集まりました。県民大会開会と同時刻の午後3時から東京・社会文化会館では、「沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック」「東京沖縄県人会」など主催、平和フォーラムも賛同して開かれた集会には1000人以上が参加。反戦地主会の下地厚さんが主催者を代表し、「普天間基地はいらない!新基地建設を許さない!の声を全国から挙げていこう」と呼びかけました。また、平和フォーラムの藤本泰成事務局長も「基地問題が混迷するのは、これまでの自民党政権と米国に責任がある。武力で平和はつくれない。普天間基地の早期閉鎖と国外移転をさせよう」と連帯あいさつを行いました。
 会場には、同時に開かれている沖縄での県民大会の模様がインターネット中継で映し出され、仲井真弘多知事などのあいさつなどを見守りました。さらに、26日の県民大会代表団の東京行動への参加呼びかけや、新聞への意見広告運動など、様々な取り組みが提起され、最後に全員のシュプレヒコールで気勢を上げました。
 集会後に国会周辺から日比谷公園までのデモ行進が行われ、参加者は思い思いの横断幕や手作りのプラカードなどを掲げて、首相官邸や米国大使館の近くを通りながら、「政府は沖縄の民意を尊重しろ!」「首相は公約を守れ!」などとシュプレヒコールを繰り返し、通行人にアピールしました。(写真はジュゴンのバルーンを先頭にしたデモ行進)
 25日の夜は、東京・新宿の明治公園に市民など1200人が集まり、キャンドルで「NO BASE OKINAWA」の人文字を作るイベントが行われました。「沖縄に基地はいらない」全国同時アクションTOKYOの主催で、参加者はキャンドルが入った紙コップを持ち、縦50メートル、横80メートルの人文字を作りました。ビルの屋上から撮った人文字がスクリーンに映し出されると、参加者からは歓声が上がりました。(写真)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS