トップ  »  集会等の報告  »  「復帰38年 平和とくらしを守る県民大会」に雨の中3800人参加

「復帰38年 平和とくらしを守る県民大会」に雨の中3800人参加

2010年5月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

県民大会の様子

 平和行進は復帰38周年を迎えた5月15日午後、3コースから宜野湾市の宜野湾海浜公園屋外劇場に集結し、「復帰38年 平和とくらしを守る県民大会」を3800人で開催しました。集会は、折りからの雨天のなか東・西・南の行進団を迎えながら開催しました。崎山嗣幸実行委員長(平和センター議長)の主催者あいさつ、藤本泰成平和フォーラム事務局長の連帯あいさつ、伊波洋一宜野湾市長の歓迎あいさつと出席した隣町の野国昌春北谷町長の紹介、新里米吉社民党県連委員長(県議会議員)と糸数慶子社大党委員長(参議院議員)の政党あいさつ、出席した国会議員の照屋寛徳衆議院議員、山内徳信参議院議員、重野安正社民党全国連合幹事長(衆議院議員)のあいさつと服部良一衆議院議員の紹介が行われました。その後、安次富浩へリ基地反対協代表委員と高江へリパッドいらない住民の会の伊佐真次さんの特別報告、鹿児島への原水禁・非核平和行進タスキ引き継ぎ式、フィリピン・グアム・韓国からの海外ゲストの連帯あいさつが行われました。そして、平和行進各コース団長からの報告が行われ、最後に崎山議長のガンバローで終了しました。行進への参加者は2日間5コースでのべ5000名でした。

県民大会宣言  →沖縄タイムス1  →沖縄タイムス2  →琉球新報  →琉球朝日放送1  →琉球朝日放送2  →沖縄テレビ1  →沖縄テレビ2  →TBS  →NHK1  →NHK2  →NHK沖縄1  →NHK沖縄2  →中日新聞(共同)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS