トップ  »  集会等の報告  »  学習会「米国防政策と東アジアの米軍再編」

学習会「米国防政策と東アジアの米軍再編」

2010年11月30日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

101130p.jpg

 平和フォーラムは、11月30日、ピースデポの湯浅一郎代表を講師に「米国防政策と東アジアの米軍再編」をテーマとした学習会を行いました。湯浅さんは、最初に「軍事力によらなくても平和は作れる」という対抗構想を築くというピースデポの理念を説明した上で、2010年2月1日に出された米4年毎の国防見直し(QDR)の特徴、米軍の世界再編と在日米軍再編(米軍との一体化と同盟国の役割強化)、東北アジアの軍事情勢(安全保障ジレンマの構造化)、対話と協調による「共通の安全保障」への道について提起しました。

→湯浅一郎さんのレジュメ →平和軍縮時評

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS