トップ  »  集会等の報告  »  止めよう!改憲発議 11・3国会前大行動に1万8千人

止めよう!改憲発議 11・3国会前大行動に1万8千人

2018年11月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

1103国会前大集会 044.JPG

  日本国憲法公布から72年目を迎えた11月3日に「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」と「戦争させない・9条変えるな!総がかり行動実行委員会」は共催し、国会議事堂周辺で「止めよう!改憲発議-この憲法で未来をつくる11・3国会前大行動」を開催しました。18000人が参加し「9条変えるな!憲法いかせ!」「改憲発議を絶対止めよう!」「安倍政権打倒!」を訴えました。
 「ジンタらムータ」のプレコンサートの後、14時から集会が開かれ、主催者を代表して、福山真劫さん(戦争をさせない1000人委員会)が「闘う態勢を作らなければ、安倍政治の暴走を止めることはできない。立憲野党と市民が連帯してたたかえば、安倍政権は必ず倒せる!この力を全国に拡大しよう!」と訴えました。
 政党からは、立憲民主党の有田芳生参議院議員、日本共産党の小池晃書記局長、社民党の又市征治党首、国民民主党の小宮山泰子衆議院議員が挨拶、それぞれ改憲阻止安倍政権打倒のため、共にたたかう決意を述べました。
 スピーチは、憲法学者の清水雅彦・日体大教授、学者の会の小森陽一・東大教授、オール沖縄会議共同代表の高里鈴代さん、カナダ9条の会の久保田竜子・ブリティッシュコロンビア大学教授、ピースボート共同代表の川崎哲さん、24条を変えさせないキャンペーンの濱田すみれさんが、それぞれ連帯の挨拶を行いました。
 最後に、高田健さん(9条壊すな!実行委員会)が行動提起を行い「安倍政権は来年の参議院選挙前までには国会で改憲発議を行おうとしている。私たちは全力を挙げて絶対に阻止しなければならい!安倍政権の下で、苦しめられている人々増えている、たたかう課題は山積している。全力を挙げて安倍内閣を倒そう!」と訴えました。
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS