トップ  »  集会等の報告  »  「清水澄子さんを偲ぶ会」開く

「清水澄子さんを偲ぶ会」開く

2013年3月17日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

130317.jpg

   2003年12月に就任して以来、平和フォーラムのとりくみの重要な役割を果たされてきた副代表の清水澄子さん(享年84歳)は本年1月14日、永眠されました。清水さんは、1951年に福井県労働組合評議会に勤務し、働く女性の権利拡大のとりくみをはじめられ、I女性会議の前身である日本婦人会議の結成から中心的役割を担い、参議院議員としても活躍し、毎年の憲法理念の実現めざす大会(護憲大会)では人権や戦後補償のオピニオンリーダーとして、また、日朝国交正常化連絡会の共同代表として、アジアの平和と人権の確立を求めて尽力されてきました。清水さんは、4年前に肺がんと診断され、抗がん剤治療を受ける闘病のもとでももたゆまず最後まで活動を続けられてきました。
   3月17日、「清水澄子さんを偲ぶ会」がI女性会議主催のもと東京・連合会館で開かれ、ジェンダー平等をとりくむ多数の女性をはじめ、平和フォーラム、社民党・旧社会党の国会議員や関係者、在日朝鮮・韓国人の方々など全国から約400人が参加しました。
   会の前段に昨年10月I女性会議の結成50年のときの清水さんのあいさつのビデオや写真が映写された後、高橋広子共同代表の司会で開会。清水さんの活動を「一生を女性運動、平和運動のよき指導者として情熱をもってまい進され、捧げられた」と紹介しました。黙とうにつづいて、各界からの偲ぶ言葉を受けました。発言されたのは、国際婦人年連絡会世話人の山口みつ子さん、北京JAC(世界女性会議ロビイングネットワーク)共同代表の舟橋邦子さん、アジア女性と連帯する朝鮮女性協議会会長の洪善玉さん(代読)、金大中平和センター理事長で故・金大中韓国大統領夫人の李姫高さんによるビデオメッセージ、日朝国交正常化連絡会顧問で東京大学名誉教授の和田春樹さん、福山真劫・平和フォーラム代表、社会民主党の福島みずほ党首、友人代表の山村ちずえさん、ご遺族を代表して夫の清水茂夫さん、最後にI女性会議の村上克子共同代表でした。
   このうち、福山代表は「清水さんや私たちが求め続けた平和、民主主義、過去の清算、日朝国交正常化、脱原発とは正反対の路線を安倍政権は突きすすもうとしている。清水さんがめざしたものを実現させるため全力でがんばる決意だ。天から激励し続けてください」とのべました。長く運動を共にしてきた山村ちずえさんは、「昨年5月から11月にかけて関西に3回来てもらった。休んでいるときはせきやたんが出て非常に苦しそうだったが、講演の90分間はせきも出ず、見事に日朝友好を訴えられた。彼女の執念は驚異的」と話しました。お連れ合いの茂夫さんは、「福井県で『働く婦人の会』を創設したのを皮切りに、彼女は60年間、婦人運動を続けてきた。がんの告知を受けた後、私は『だいぶ一所懸命やったのだから、家でゆっくりしたら』と言ったが、彼女は『私は死ぬまでやる』と答え、昨年末、入院するその日まで机に向かっていた。責任感が強く情熱をもって活動した。清水澄子は燃えつきて逝ってしまった。皆さんには彼女の思いを受け継ぎ、それぞれの活動を発展させてかってほしい活動に明け暮れ、今も、どこかの出張へいっているような感じ」との発言は、参加者の心に強く響くものでした。村上共同代表は「いま『日本を取り戻そう』という人がいるが「取り戻す」とは戦前にもどすこと。『取り戻す』社会ではなく前進する社会へ力をかしていただきたい」と追悼と参加者への謝意の言葉をのべました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS