トップ  »  集会等の報告  »  フォーラム平和・人権・環境 第15回総会を開催

フォーラム平和・人権・環境 第15回総会を開催

2013年4月24日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

集会の様子

    フォーラム平和・人権・環境は4月24日、東京・日本教育会館で第15回総会を開催し、総会の議長に管野博副代表(全水道)を選出して議事が進行されました。
   福山真劫共同代表があいさつに立ち「昨年の衆議院総選挙で政権についた安倍晋三内閣は右翼政権であり、憲法改悪、原発再稼働、歴史認識の改ざん、軍事大国化に進もうとしており、私たちは全面対決する」として、運動を拡大するとともに、国会議員との連携を強めるため、「超党派の議員で4月25日に結成される『立憲フォーラム』に協力していく」ことも訴えました。
   道田哲朗副事務局長が2012年度の活動経過、同年度の会計決算報告を行い、禧久章蔵会計監査から会計監査報告がおこなわれ、報告事項については一括して確認されました。
   続いて、藤本泰成事務局長が2013年度の運動方針と予算案を提案しました。提案では、取り組みの基本スタンスとして、憲法理念の実現、アジア諸国への差別の払拭と人権確立、オスプレイ配備撤回と基地縮小・撤去、脱原発の実現、「アジアで生きる」を基本にした貿易のあり方、新自由主義を許さずリベラルの拡大をあげました。
   運動課題では、「平和・人権・民主主義の憲法理念の実現をめざすとりくみ」「平和実現と安全保障に関するとりくみ」「東アジアの非核・平和の確立と日朝国交正常化に向けたとりくみ」「民主教育をすすめるとりくみ」「多文化・多民族共生社会に向けた人権確立のとりくみ」「核兵器廃絶に向けたとりくみ」「原子力政策の根本的転換と脱原子力に向けたとりくみ」「ヒバクシャの権利確立のとりくみ」「環境問題のとりくみ」「食の安全のとりくみ」を進めるとしています。
   質疑・討論で、代議員からは、「戦争への道を許さないナガサキ市民の声明への賛同要請」(長崎)、「沖縄米軍基地問題と4.28主権回復の日に抗議する取り組み」(沖縄)、「オスプレイ反対と自衛官の人権裁判に対する運動」(静岡)、「米軍オスプレイ配備と低空飛行訓練問題」(神奈川)、「原発再稼働反対と改憲阻止の運動」(石川)について報告や意見が出されました。
   新役員では、代表に川野浩一さん (原水禁議長)、福山真劫さん(自治労)、副代表に住野敏彦さん(私鉄総連)、石原富雄さん(全農林)、管野博さん(全水道)、村上克子さん(I女性会議)などが選出されました。
   最後に「自民党などの憲法『改正』に反対する特別決議」を満場一致で確認し、総会を終了しました。

→自民党などの憲法『改正』に反対する特別決議
→2013年度運動方針
→2012年度活動経過(12/04-13/03)
→各地のとりくみ(12/03-13/03)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS