トップ  »  集会等の報告  »  豪雨と雷鳴のなか「政府の沖縄施策糾弾!5.15集会&デモ行進」

豪雨と雷鳴のなか「政府の沖縄施策糾弾!5.15集会&デモ行進」

2013年5月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

集会とデモの様子

   沖縄の日本復帰から41年の5月15日、「政府の沖縄施策糾弾!5・15集会&デモ行進」(5・15平和行進実行委員会主催)が那覇市の与儀公園を起点に行われました。土砂降りだった41年前の復帰の日を再現したかのような、豪雨と雷鳴の中、約150人(主催者発表)が参加。「憲法改悪反対」「オスプレイ撤去」などを訴え、改憲を進める安倍晋三首相や、在沖米軍への風俗業者活用提案が問題となっている橋下徹大阪市長へ抗議の声を上げました。平和運動センターの山本隆司副議長は安倍晋三首相を批判し、「『美しい国』になるには憲法9条は邪魔だろう。今年の5・15平和行進は憲法9条をはじめ、憲法を具現化させる運動の岐路。雨に負けず3日間の行進を最後までやり遂げよう」と訴えました。連帯のあいさつに立った平和フォーラム藤本泰成事務局長は、「米国の利益のためでしかない米軍の活動に日々の生活が脅かされる、これが主権国家か。『この国を取り戻す』とは訳の分からない政治家ではなく、私たち国民が言うべき言葉だ」と声を大にして訴えました。集会後に与儀公園を出発した一行は、大雨の中をひめゆり通りから国際通りまで「平和憲法を守ろう。辺野古基地建設反対」などと声を上げ、デモ行進しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS