トップ  »  集会等の報告  »  MV22オスプレイの配備と飛行問題で申し入れ

MV22オスプレイの配備と飛行問題で申し入れ

2013年7月12日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

130712_03.jpg 7月12日、衆議院第2議員会館で、米軍機MV22オスプレイの配備と飛行問題について、申し入れ行動を行いました。申し入れには、外務省、防衛省、国土交通省、環境省から、それぞれ担当者が出席しました。
この申し入れは、7月末に米軍岩国基地へ搬入される、オスプレイ12機の追加配備計画の撤回と、すでに配備が強行されたMV22オスプレイの国内からの撤去を求める立場から、安保条約と国内法、騒音問題と環境などの課題について、関係各省の見解を質す目的で設定されたものです。

質問と回答の概要・対照表はこちら(PDF)

130712_01.jpg

130712_02.jpg

130712_04.jpg

130712_05.jpg

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS