トップ  »  集会等の報告  »  5・15沖縄平和行進結団式

5・15沖縄平和行進結団式

2014年5月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

結団式の様子

   27年にわたる米軍統治下から日本に復帰した日にあたる5月15日、「復帰42年 第37回5.15平和行進結団式」がパレット市民劇場(那覇市)で開催され、16日から3日間にわたり沖縄県内各地を行進する平和行進がスタートしました。
   結団式に先立った高良鉄美さん(琉球大学法科大学院教授)の講演では、「沖縄にとって5.15は平和憲法が施行された日であり、この日を境に憲法の理念である平和主義、基本的人権の尊重、主権在民、地方分権、生存権などが適用されるものと沖縄の人々は思っていたが、現実はどうであったか」とふりかえり、過重な軍事基地負担、核兵器の存在、日米地位協定に見られるような「主権在米」、高い失業率などの沖縄がかかえる現状を訴えました。
   主催者あいさつで山城博治さん(沖縄編和運動センター議長)は、おりしも安倍首相が安保法制懇の報告を受け、集団的自衛権の行使容認に向けた会見を行う日に重なったことに対して、「戦争ができる国に踏み出そうとしているこの日に、全国に反戦・平和を発信していく5.15にしよう」と力強くアピール。500名を超す人々で満席となった会場は大きな拍手でこたえていました。

結団式
   →沖縄タイムス    →琉球新報    →琉球放送   →琉球朝日放送   →沖縄テレビ
   →NHK    →毎日新聞

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS