トップ  »  集会等の報告  »  ビデオ報告 2011年5月のドイツでの脱原発デモ参加と視察の報告

ビデオ報告 2011年5月のドイツでの脱原発デモ参加と視察の報告

2011年6月 1日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 原水禁・平和フォーラムの代表団は、2011年5月24日からドイツを訪れ、脱原発を求める団体・議員などと交流し、28日にはドイツ全土で16万人が参加した脱原発デモに加わった。

 主な視察先は省エネを進めるフライブルグ市内と同市の緑の党支部、エコ研究所、ベルリンでは緑の党の役員や国会議員、国際反核法律家協会、放射線防御協会など。

 視察先やデモ行進では、東京電力福島原発事故が大きな関心を呼び、脱原発に向けて国際的な運動を強めることが確認された。なお、ドイツ政府は6月6日に、2022年までに国内全ての原発を廃炉にすることを決定した。

 その視察・交流とデモの様子をビデオにまとめました。(8分)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS