トップ  »  集会等の報告  »  報告 原水禁世界大会・広島大会第2日目 分科会や国際会議開く 

報告 原水禁世界大会・広島大会第2日目 分科会や国際会議開く 

2012年8月 5日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

第3分科会.JPG第5分科会.JPG 

 8月5日に広島市内で開かれた「被爆67周年原水爆禁止世界大会・広島大会」の第2日目は、課題別の分科会やフィールドワークなどのほか、国際会議、子どものひろば&メッセージfromヒロシマが行われました。
 分科会では、昨年の福島原発事故を契機とした、「脱原子力」に向けた課題やエネルギー政策のあり方を中心に、平和と核軍縮、世界のヒバクシャとの連帯や被爆者援護の問題などについて、学習や討議で認識を深めました。
 また、連合・原水禁・核禁会議の主催による「平和シンポジウムin広島」では、2015年のNPT(核不拡散条約)再検討会議に向けた取り組みについて討論を行いました。


国際会議.JPG子ども.JPG

 一方、原水禁大会の国際会議は「脱原子力に向けた構想力 フクシマ以降の原子力」とテーマに、ドイツ、韓国、日本の専門家が、各国の脱原発への状況や再生可能エネルギーの拡大の課題などについて意見を交わしました。(写真左)
 若者や高校生が企画運営するメッセージfromヒロシマでは、全国や韓国、フィリピンからの参加者を含め、一緒に遊びながら平和を考え、メッセージを世界の核保有国に送信しました。(写真右)。 広島大会は、6日にまとめ集会が行われます。

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS