トップ  »  集会等の報告  »  「立憲フォーラム」設立。改憲の動きに反対して超党派議員集まる

「立憲フォーラム」設立。改憲の動きに反対して超党派議員集まる

2013年4月25日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 立憲フォーラム.JPG近藤代表.JPG 

 4月25日、衆議院議員会館で「立憲フォーラム」の設立総会が開かれました。これは、自民党などから憲法改定案が出され、特に現在、憲法96条の改憲発議要件の「改正」が取り上げられ、参議院選挙の争点になろうとしていることから、「さまざまな動向に平和・人権・環境を重視する立場から国会や言論の場で検証と提言を行う」(設立趣旨書)ため、超党派の議員で結成されました。
 設立総会には、賛同する国会議員や、憲法・平和問題に取り組む市民団体、労働組合などから約200人が参加。最初に近藤昭一衆議院議員(民主党)が、フォーラムの設立に至った経過について「総選挙の結果、憲法『改正』に積極的な議員が多くなったと言われ、安倍首相も96条改憲に言及している。これは立憲主義に反する動きであり、これに危惧を抱く議員によって立ち上げられた」と述べました。(写真右)
 そうした設立の趣旨や規約が確認され、今後の活動として、勉強会の開催や討論・視察、政策提言、有識者や言論への働きかけを行っていくとし、「各地域へも運動を広げていくとともに、ホームページなどを立ち上げて情報発信をやっていく」(辻元清美フォーラム幹事長・衆議院議員)としました。
 役員体制では、代表に近藤昭一衆院議員、副代表に阿部知子衆院議員、水岡俊一参院議員、吉田忠智参院議員、幹事長に辻元清美衆院議員、事務局長に江崎孝参院議員、事務局次長に那谷屋正義参院議員などを選出しました。
 続いて記念講演が行われ、藤井裕久元財務大臣(民主党顧問)は「安倍首相は偏狭なナショナリズムに陥っている。憲法には長い歴史があり、いまの日本の平和と環境は後世に残すべき財産だ。今の異常な状況下で憲法を変えるべきではない」と述べました。
 また、同じく講演に立った武村正義元官房長官(元さきがけ代表)も、「96条を変えようとする動きはうさん臭いものを感じる。改憲の発議要件は一般の法律よりも厳しくすべきものだ」と語りました。
 最後に近藤昭一代表が「今の憲法がなぜ出来たのかを改めて考える必要がある。憲法は国を縛るものであるという立憲主義を守っていくことは、世界の平和に貢献することに繋がる」と、フォーラム結成の意義を訴えました。なお、結成時点で36人の国会議員が参加していると報告されました。
 

 「立憲フォーラム」の設立趣旨書はこちら 

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS