トップ  »  集会等の報告  »  「憲法を破壊する集団的自衛権行使反対! 戦争をさせない1000人委員会出発集会」を開催

「憲法を破壊する集団的自衛権行使反対! 戦争をさせない1000人委員会出発集会」を開催

2014年3月20日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 短信写真1000人委員会集会.JPG1000人委員会集会.JPG

   3月20日、東京・日比谷野外音楽堂で、「憲法を破壊する集団的自衛権行使反対! 戦争をさせない1000人委員会出発集会」が開催されました。悪天候の中でしたが、会場から溢れ出る約4000人ものご参加をいただき、熱気あふれる集会となりました。
  前段の企画として、森田嵩允さん(ギター、ヴォーカル)とko2rockさん(サックス)によるセッション、清水雅彦さん(憲法学者・日本体育大学准教授)による解説、松崎菊也さん(戯作者)のトークが行われました。
  上原公子さん(元国立市長)の司会で、集会は進められました。最初に、開会のあいさつに立った鎌田慧さん(ルポライター)は、集団的自衛権行使容認へ突き進む安倍政権と対決し、戦争をなくし、みんなが明るく生きていける社会をめざす運動として「戦争をさせない1000人委員会」のネットワークを全国に拡げようと訴えました。
  続いて政党からの連帯あいさつとして、民主党・近藤昭一衆議院議員、社民党・照屋寛徳衆議院議員、生活の党・鈴木克昌衆議院議員、共産党・笠井亮衆議院議員より、それぞれ発言を受けました。
 「戦争をさせない1000人委員会」事務局長である内田雅敏さん(弁護士)から、安倍政権の憲法破壊を危惧する人びとが立ち上がり、3月4日の発足集会で全国にアピールを発したこと、そして呼びかけ人は100人に達していることが報告されました。
  そして大江健三郎さん(作家)、山内敏弘さん(憲法研究者・一橋大学名誉教授)、池田頼将さん(元イラク派遣航空自衛隊員)、小山内美江子さん(脚本家)、落合恵子さん(作家)、佐高信さん(評論家)から発言をいただきました。また、高畑勲さん(アニメーション映画監督)からも、集会へメッセージを寄せていただきました。
  これからの行動として、福山真劫さん(平和フォーラム共同代表)が、次のように提起しました。
・「戦争をさせない1000人委員会」に参加・賛同してください。地域や職場に、参加・賛同の輪を拡げてください。
・全国で署名運動にとりくんでください。第一次の締め切りは5月末です。
・地域や職場で、「戦争をさせない」、集団的自衛権の行使容認を許さないという集会、学習会などの行動を強めてください。
・国会議員や全国の地方自治体の議会に対して、集団的自衛権の行使容認は絶対許さないという要請行動を強めてください。
・閣議決定が最大の山場です。そのときは全国から、駆けつけていただきたいと思います。
  司会の上原さんから、暴走したら止まらない安倍さんを私たちで封じ込めようとの呼びかけで、集会は終了しました。

詳しくはこちら

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS