トップ  »  集会等の報告  »  11/29 辺野古に基地は造らせない大集会に4500人

11/29 辺野古に基地は造らせない大集会に4500人

2015年11月30日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

  「11・29辺野古に基地は造らせない大集会」が11月29日、日比谷野外音楽堂(東京・千代田区)で開かれ、4500人が集まりました。

 

DSC02556.jpg
 集会は、辺野古新基地建設反対のため、これまでに3回の国会包囲行動にとりくんできた「止めよう!辺野古埋め立て国会包囲実行委員会」が主催し、「9条壊すな!戦争させない総がかり行動実行委員会」が協力して行われました。
DSC02584.jpg
沖縄からの報告では、ヘリ基地反対協の安次富浩さんが「沖縄の民意を生かすことが、民主的な政治ではないのか」と安倍政権の政治姿勢を批判し、島ぐるみ会議共同代表の高里鈴代さんは、辺野古問題の解決は日本政府次第とする米政府のに対して、「米国自身も当事者だ」と訴えました。連合沖縄会長の大城紀夫さんも登壇し、地方自治と人権を押しつぶそうとしている安倍政権の危険性を訴えていました。学者文化人からは田中宏さん(一橋大名誉教授)が、選挙でも幾度となく示された沖縄の民意を無視することは国連の条約に違反することを指摘、枝元なほみさん(料理研究家)は、「だれかの犠牲の上に成り立つ経済」や「武器があればなんとかなる」という考えではなく、「命を守ること」を根本に置くことの重要さを述べていました。
リレートークでは、総がかり行動実行委員会の3団体をはじめ、平和フォーラム、新聞労連、東京沖縄県人会などが、それぞれに政府の基地建設強行を批判し、沖縄と連帯して政府に対する抗議を引き続き行っていくことを訴えました。
DSC03333.jpg
集会後、参加者はエイサー隊を先頭に銀座の街をデモ行進し、街並みの人びとに「辺野古新基地建設反対」「安倍政権は地方自治を尊重せよ」と呼びかけました。
(写真 今井 明)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS