トップ  »  集会等の報告  »  平和といのちと人権を! 5.3憲法集会に3万人 

平和といのちと人権を! 5.3憲法集会に3万人 

2015年5月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 憲法集会5.JPG

  安倍政権が解釈改憲で集団的自衛権行使を可能にし、戦争をする国づくりを進めようとする中、5月3日の憲法記念日に横浜市の臨港パークで「平和といのちと人権!戦争・原発・貧困・差別を許さない5.3憲法集会」が開かれました。これは、作家の大江健三郎さんや瀬戸内寂聴さん、歌手の小室等さん、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんなどが呼びかけ人となって、集会実行委員会の主催で開かれたもの。
 晴天のなか、広い会場は約3万人の市民などで埋め尽くされました。最初にプレコンサートとして、大島花子さんの歌、岡大介さんのカンカラ三線、ハルノトモの和太鼓演奏でスタート。

憲法集会4.JPG
 
 雨宮.JPG大江.JPG澤地.JPG樋口.JPG香山.JPG落合.JPG高里.JPG

 13時30分からのメインステージは俳優の木内みどりさんの司会で進められ、呼びかけ人からのアピールとして、作家・活動家の雨宮処凜さん(左上)は「戦争に必要なのは大量の貧しい人達だ。いま、貧困と戦争への道が同時に進んでいる。経済のために命が捨てられることに反対していこう」と訴え、大江健三郎さん(左2人目)は「安倍はアメリカで安保法制を進め、憲法を変えると言ったが、日本の人々は賛同していない。はっきりと声をあげていこう」と呼び掛けました。
 さらに、作家の澤地久枝さん(左3人目)は「安倍晋三とその周りにいる人々は、利潤を追求し、狂った政治を進めている。あの人達を引きずり下ろしてやりたい」と声を高め、憲法学者の樋口陽一さん(左4人目)は、俳優の菅原文太さんが生前、最後に沖縄知事選応援で語った「政治の最大の役割は戦争をしないこと」を引用し、「『日本を取り戻そう』などという勝手なスローガンに惑わされてはならない」と強調しました。
 精神科医の香山リカさん(左5人目)は「時代は変わっても、平和は真理だ。今の憲法を使い尽くしていない。そんな政権に憲法に手をつける資格はない」と断言。最後に作家の落合恵子さん(右)が「安倍の言う『積極平和主義』は積極戦争主義だ。しかし、絶望から希望に橋渡しをするのが私たちの責任だ」と呼び掛けました。

 各政党の代表として、民主党の長妻昭代表代行、日本共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首、生活の党の主濱了副代表からは、それぞれ、政府・与党が進めようとしている戦争法案(安保法制)に反対し平和憲法を守る決意が表明されました。
 また、辺野古新基地建設問題で緊迫する沖縄からの発言として、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表の高里鈴代さん(顔写真下)が「沖縄は平和憲法の下に日本に復帰したが、憲法など無いかのような状況だ。辺野古基地建設は絶対に許さない」と連帯を呼び掛けました。

憲法集会1.JPG

 その後、様々な市民団体などがリレートークを行い、毎年全国の高校生代表が国連欧州本部を訪ねて核の廃絶を訴えている高校生平和大使から3人が登壇し、「微力だが無力ではないをスローガンにこれからも活動を続けていく」と決意を語りました。また、原発問題でも、福井や福島から、再稼働問題や原発災害の訴えも行われました。さらに、集団的自衛権、特定秘密保護法、歴史認識、教科書問題、貧困や労働、女性問題などでも発言が相次ぎました。(写真下)
 最後に、実行委員会から、戦争法案の審議での国会包囲などの今後の行動が提起され、参加者全員で“憲法イエス”“改憲ノー”などと、コールを行いました。
 クロージングコンサートとして、クミコさんの歌や、こぐれみわぞうさんのロックチンドンが流れる中、参加者はこれからの健闘を確認しあいました。

 憲法集会各界訴え.JPG        
 

 

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS