トップ  »  集会等の報告  »  「許すな!戦争法案 戦争させない・9条壊すな!」5.12集会開く

「許すな!戦争法案 戦争させない・9条壊すな!」5.12集会開く

2015年5月12日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 5.12集会 (1).JPG5.12デモ.JPG

 安倍政権は、5月14日に日本を戦争する国にする「安保法制」11法案を閣議決定しようとしており、この戦争法制定を阻止するため、5月12日、たたかいのスタートとなる「許すな!戦争法案 戦争させない・9条壊すな!5.12集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。「戦争をさせない1000人委員会」などが主催し、台風の接近という悪天候の中にも関わらず、会場一杯の2800人が参加。「力を合わせて戦争法案を止めよう」と決意を固めました。(写真左は全員で一斉にプラカードでアピール)。
 集会前に、様々な運動団体から、現在起こっている問題や運動についての訴えが行われ、沖縄基地問題や教育、医療、秘密保護法などの課題や、女性、青年、宗教者の立場からのアピールも行われました。
 集会では、主催者を代表し1000人委員会の呼びかけ人の鎌田慧さんが「「安倍政権はウソと権力欲しかない。アメリカの子分になって、愚かな戦争を二度としないよう最後までがんばり抜こう」とあいさつ。各政党から、民主党の近藤昭一幹事長代理、社民党の吉田忠智党首、日本共産党の小池晃副委員長、生活の党の玉城デニー幹事長、沖縄社会大衆党の糸数慶子委員長が代表して、「国会に出される法案は国をないがしろにするものだ。絶対に負けるわけにはいかない」(近藤議員)などと決意を表明、また「辺野古新基地建設は戦争法案と一体となったものだ」(玉城議員)などと訴えました。
 ゲストスピーチとして、埼玉大学名誉教授の暉峻淑子さんが「今の時代は、先の大戦の前と同じだ。自衛隊派遣で戦死者が出たら戦争反対を言えなくなる。心の底から戦争に反対する決意を固めることが必要」と呼び掛けました。また、連帯あいさつで日弁連憲法問題対策本部長代行の山岸良太さんは「戦争は最大の人権侵害だ」と指摘、さらに日本体育大教授の清水雅彦さんは「こうした仕組み作りを進めて来たのは外務省だ。その目論見を許さない。憲法研究者も法案に反対する声明を出す」と強調しました。
 集会後、激しい雨の中、参加者はプラカードや横断幕を持ち、銀座方面のパレードを行って「戦争をする国にさせない!」「平和を守ろう!」などと元気よくアピールをしました。(写真右)

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS