トップ  »  集会等の報告  »  朝鮮学校にも学ぶ権利を!2月19・20日「朝鮮学校高校無償化全国一斉行動」

朝鮮学校にも学ぶ権利を!2月19・20日「朝鮮学校高校無償化全国一斉行動」

2016年2月20日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 「高校授業料無償化」からの朝鮮学校排除に反対する「朝鮮学校高校無償化全国一斉行動」が2月19日(金)から20日(土)にかけて全国各地で行われました。東京では19日に文科省要請行動・文科省前抗議行動が、20日に「朝鮮学校で学ぶ権利を!2・20東京集会」が開催されました。

朝鮮学校高校無償化全国一斉行動

 文科省要請行動には全国から集まった代表団が参加し、一日も早い朝鮮学校への「高校無償化」適用を求めました。続いて行われた抗議行動には約900人が参加し、政府による差別を直ちに是正するよう叫びました。
 20日には全国一斉行動の一環として「朝鮮学校で学ぶ権利を!2・20東京集会」が東京・田町交通ビルで開催され、約350人が参加しました。本集会は朝鮮学校の生徒による合唱で幕を開けました。そして「朝鮮学校とわたし」と題されたトークイベントでは、東京朝鮮高級学校の「高校無償化」裁判に取り組む弁護士や支援団体のメンバーが発言。なぜ自分が朝鮮学校とかかわり合うようになったのか、どんな想いを持って日々活動しているかについて熱い胸の内を語りました。また「京都朝鮮学校襲撃事件」裁判で見事勝訴判決を勝ち取った弁護団から冨増四季弁護士も集会に駆けつけ、「高校無償化」裁判の持つ意義について語っていただきました。
 「政府が朝鮮学校への補助金支給中止を各自治体に要請することを検討」という報道がなされた後に行われた全国一斉行動。参加者は差別をなくし多文化共生社会を実現させようという決意を一層強くしました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS