トップ  »  集会等の報告  »  被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動

被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動

2017年4月 6日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 今村暴言1.JPG 

4月5日に行われた記者会見で今村雅弘復興相は、記者から避難者が住宅提供を打ち切られ困窮していることに対する国の対応を問われて、「本人の責任だ。裁判でも何でもやれば良い」と言ったことに対し、さようなら原発1000万人アクション実行委員会と、「避難の協同センター」(福島からの避難者と支援者の団体)は、6日に官邸前で「被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない!緊急抗議行動」を行い、避難者や市民など200人が集まりました。
 郡山市から神奈川に避難している、避難の協同センター共同代表の松本徳子さんなどが「原発事故に私達は何の責任もない。事故がなければ避難することもなかったのに、3月には自主避難者の住宅支援が打ち切られ、避難指定が解除された人たちも支援が打ち切られていく。復興担当大臣として苦悩する人たちに対してあまりにも無責任な発言だ」と訴えました。
 避難の協同センターの瀬戸大作事務局長など支援者からも、「先の前橋地裁の判決でも、国には今回の事故の責任があると指摘している。事故を起こした政府の側の責任者の発言として、とうてい認めるわけにはいかない。いますぐ辞任すべきだ。安倍首相にも任命責任がある」などと厳しい批判が相次ぎました。
 参加者は官邸に向けて、「暴言を許さない!」「被災者の切り捨てを許さない!」「避難者の支援を打ち切るな!」「大臣やめろ!」などとシュプレヒコールをあげました。
 また、避難の協同センターなどが呼びかけた「大臣の辞任を求める」署名に1日で28,127 筆の賛同が集まり、代表が復興庁に提出して抗議をしました。さらに、夜は復興庁の前で、共謀罪反対集会のデモ行進参加者にアピールをしました。
 復興庁に提出した抗議文はこちら

今村暴言2.JPG

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS