トップ  »  集会等の報告  »  辺野古の海の埋立て工事強行を許さない!4.19大集会

辺野古の海の埋立て工事強行を許さない!4.19大集会

2017年4月19日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

  沖縄集会等 446.JPG  

 「辺野古の海の埋立ては許さない」「共謀罪の新設反対」と訴える集会が4月19日、日比谷野外音楽堂(東京)で開催され、3500人が集まりました。沖縄県の市民団体である基地の県内移設に反対する県民会議と「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が共催し、目前に迫りつつある沖縄県名護市辺野古での米軍基地建設の護岸工事の着工を許さず、4月6日に審議入りした共謀罪の廃案を求める声をあげました。
 集会で、主催団体を代表し、野平晋作さん(「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委)が「沖縄では不当にも辺野古新基地建設が強行されている。閣僚や自民党議員からの差別発言も続いている。これにひるまず闘う沖縄の人達と連帯しよう!」と訴えました。
 続いて、約5か月間不当な勾留を受け続けた山城博治沖縄平和運動センター議長が登壇し、「辺野古・高江での権力の弾圧は、沖縄県民への弾圧だ」「戦争法を制定し、憲法改悪をたくらみ、共謀罪を制定しようとしている安倍政権は、全国民を弾圧しようとしている。治安維持法下の暗黒の時代にもどってはならない」と力強く発言し、くじけることなく安倍政権と対峙していこうと呼びかけました。
 政党あいさつでは、近藤昭一議員(民進党)、小池晃議員(共産党)、玉城デニー議員(自由党)、福島瑞穂議員(社民党)、糸数慶子議員(沖縄の風)らが発言し、辺野古新基地建設の問題や共謀罪について国会審議で厳しく追及していく決意をそれぞれ述べました。
 機動隊の高江派遣に関して住民監査請求の取り組みを行っている市民団体と、辺野古埋立のための土砂搬出に反対する市民団体、および「共謀罪NO!実行委員会」から、それぞれ報告と訴えが行われました。
 最後に、山城博治さんを中心にして発言者らが舞台上で腕をむすび、集会参加者ともに「沖縄を返せ」を歌いました(上写真)。
 集会後、銀座方面へのデモ行進を行い、「基地はいらない 辺野古にいらない」「オスプレイ飛ばすな 高江に飛ばすな」「平和を守れ 憲法守れ」「共謀罪の新設反対」などとコールを繰り返しました(下写真)。
沖縄集会等 460.JPG 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS