トップ  »  集会等の報告  »  施行70年 いいね!日本国憲法―5.3憲法集会に55000人

施行70年 いいね!日本国憲法―5.3憲法集会に55000人

2017年5月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

憲法集会.JPG

 憲法が施行されてから70年となる5月3日、「施行70年 いいね!日本国憲法―平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が東京都江東区の有明防災公園で開かれました。5万5000人が参加し、安倍晋三首相が2020年の改憲をもくろんでいることに対し、「憲法改悪反対!」「9条守ろう!」「共謀罪法案は廃案に!」などと声を上げました。
 正午からのプレコンサートで始まり、ユキヒロさん、佐々木祐滋さんの歌に続いて、みんなで作るステージ企画として、多くの参加者が登壇して、「HEIWAの鐘」を合唱しました(下写真)。

憲法集会合唱 050 (1).JPG
 

ピーコ.JPG池内 (1).JPG坂手.JPG山田.JPG落合 (1).JPG伊藤.JPG植野.JPG

イ・テホ.JPG

 続いて、1時から集会が開かれ、各界から7人がスピーチを行いました。
 ファッション評論家・シャンソン歌手のピーコさんは自民党の改憲草案をとりあげ「自衛隊を国防軍にすることは戦争をしないことではない。あまりにひどい草案であり、改憲は許されない」と厳しく批判(顔写真左)。名古屋大学名誉教授で世界平和アピール7人委員会の池内了さんは「日本学術会議は戦争のための研究をしないと決議をしてきたが、いま軍事研究への予算が増大し、軍学共同の動きが出ている。学問の自由を守らなければならない」と決意を表明しました(同2人目)。
 演出家で日本劇作家協会前会長の坂手洋二さんは「海外に行くと自分の国のことをきちんと批判できる人が愛国心のある人だと言われる。戦争体験のある人が減っているが、勇気を持って語っていこう」と、若い人へ伝えようと呼びかけました(同3人目)。映画「母」の監督をした山田火砂子さんも「85歳で戦争を体験してきた。戦争へ子どもが行って喜んだ母親はいない。悲しい思いを母親がすることのないようにと映画を作った」と語りました(同4人目)。
 作家の落合恵子さんは「数の力におごって憲法を破壊しようとする人たちがいる。主権在民、基本的人権、平和主義を育てよう」と訴え(同5人目)、弁護士の伊藤真さんは戦争法などをあげ「国家は一人ひとりの幸せのためにあるという考えが覆されようとしている。市民の力で憲法の輝きを増していかなければならない」と述べました(同6人目)。
 植野妙実子さん(中央大学教授・憲法学)は、「憲法の中心は基本的人権の保障だ。今日これだけの人が集まっていることは憲法の未来は明るいということだ」と、改憲の動きにくさびをうちました(同7人目)。
 特別ゲストとして、韓国から、朴槿恵退陣緊急国民行動の中心を担った参与連帯政策委員長の李泰鎬(イ・テホ)さんも来日し、「政権の退陣を求めて5ヶ月半に20回のキャンドルデモを行い、大統領を引き降ろした。国は違っても私たちが主人公であることは共通だ。互いに必ず勝利しよう」とエールを送りました(同下)。

 政党あいさつでは、民進党の蓮舫代表が「安倍総理のための憲法改悪には絶対反対だ。憲法は国民のものだ。ともに守っていこう」とアピール。社民党の吉田忠智党首も「今大事なことは憲法を変えることではなく、活かすことだ。野党が選挙協力し、衆院選を闘おう」と呼びかけました。また、共産党の志位和夫委員長、自由党の森ゆうこ参院議員会長、参院会派「沖縄の風」の伊波洋一幹事長も登壇し、ともに改憲阻止への決意を表明しました(下写真は全員でアピール)。
憲法集会 野党261.JPG

山城.JPG米倉.JPG

 特別アピールとして、名護市辺野古の米軍新基地建設に反対し、不当に逮捕・長期勾留された沖縄平和運動センターの山城博治議長が「現地では埋め立てが始まろうとしているが、心が折れることはない。埋め立てはできない。県民は決して負けない」と、連帯を呼び掛けました(顔写真左)。また、辺野古新基地建設の撤回を求める全国統一署名が140万筆集まったことも報告されました。
 一方、共謀罪に反対する法律家団体連絡会の米倉洋子弁護士は「共謀罪は国民の言論、表現、行動を規制するものだ。市民に対する監視が広がる。必ず廃案にしよう」と訴えました(同右)。最後に「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の高田健さんが行動提起に立ち「安倍政権の暴走を止めよう」と、当面する共謀罪に対する取り組みなどを呼びかけました。
 集会後、参加者は2つのコースに分かれてパレードを行いました(下写真)
憲法集会パレード.JPG

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS